【まったりねとげ】ちょぼ分室

色々と無料のネトゲを散歩しつつ、細々としたネタを書いてくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(:3[__]

スポンサーサイト
  1. 2014/02/23(日) 03:30:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての「暗黒の領域」

初めての暗黒。まずはパーティー募集のレイドに入ることが必要。
初見コールをすれば、もしかしたら親切な人が教えてくれるかも。

暗黒の領域
まずは人が多いところに移動する。
暗黒のMOBが沸く10分前に暗黒が出現するので、MAPの確認を忘れずに。
※暗黒の混雑具合は青→黄→赤(黄色は瞬間なので、見たことがない気がする)
暗黒1
TERA wiki

暗黒の領域が始まるところにいないと高確率でNPCからクエストが受けれない。
初回が受けれなくても、2回目があるので諦めずに
※NPC1人あたりに受けれる人数は120人まで。
 領域内に数人(3人?)ほどいるので、1人がダメでも辺りを見回してみること。
 それでも埋まっていたら他の暗黒の領域を探してみる。
 ない場合は、しばらくそこで遊ぶ

クエストが受けれたらクエストを消化する感じにMOBを殴ります。
恐らく段階というのは暗黒の領域のときのことで、
暗黒の領域から出なければ、クエストも自動的に3回行われます。


暗黒次元の亜空間
暗黒が消えるときに次元の誘引バフが適用される。
このバフはNPCからのクエストを受けなくても暗黒の領域内にいれば適用される。
次元の誘引バフが適用されれば、暗黒次元の亜空間に入場が可能となる。
暗黒の領域で適用される「次元の狂気」とは異なるバフ

連合軍指揮所、アルゴネア、カルゴネアのどこからでも同じIDに入れます。
ただし、最低参加人数が7人なのでレイドに参加する必要がある。
入るときはリーダーが一緒に連れて行ってくれた(一緒にいく仕様?)ので
入る手順は特に心配しなくてもいいのかも。

■参考URL
1.TERA wiki - 暗黒の領域
2. TERA wiki - 暗黒次元の亜空間
3. TERA公式
  1. 2013/03/28(木) 08:43:19|
  2. TERA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SSD導入(随時更新)

年明けからSSDを導入したものの、エラー出まくりで超苦戦。
ちょこちょこまとめていきます

どうやらPC構成上の問題かも、ということでこの記事は書かない予定。
調べたことを忘備録的に書いていくかもしれません
  1. 2013/01/27(日) 23:12:18|
  2. デバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kensinton orbit optical


トラックボールの大御所 Kensingtonさん
そこのエントリーモデル?のorbit opticalです。
今回はそれのレビューをちょこちょこと書いていきます。

○製品外観
コード長は1.8m程度です。PS/2アダプタ付属しています。
ボタンは左右の2ボタン。

○動作について
「勢いよく動かした場合、初動が少しブレる」という点が
気になるかなと、全体的な動きに関しては満足。

○クリックについて
DELL,FMVの付属マウス、他IE3.0と比較して重い感じ。
音もしっかり、カチッという音がします。

○ボタンの数について
ほぼ全部のトラックボールに言えることですが、
スクロールボタンがないので、ブラウジングには向きません。
※追記 最上位機種のSlimBladeは横回転でスクロールできるようです。

orbit opticalに横回転の機能はないようなので、
戻る進むはブランザの機能(マウスジェスチャー)でやりくり。

ボタンとは別ですが、ボールが着脱式です。
滅多にはないと思いますが、転がってなくなる可能性もあります。

○まとめ
トラックボールの価格の開始が3500円ほどから始まり、上は
KensingtonのSlimBladeが1万ちょっと。

あとはLogicoolから親指で操作するトラックボールもあります。
それはスクロールつきの半分マウス、半分トラックボールみたいなものです。
ただ、親指で移動させるので、親指が痛くなりそう…ってことで今回は断念。

初めての1機としてはこの製品がいいんじゃないかな~
というのが個人的見解です。

  1. 2013/01/22(火) 04:03:57|
  2. デバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原で買い物、1時間ほど

秋葉原に行く機会が出来たので、PC本体周りのパーツを
探すのと一緒にデバイスを色々と触ってきました。

■購入■ StealSeries Siberia Microphone
ヘッドホン+ヘッドセットを首にひっかけるのもいいんですが、
マイクのOn/Offボタンが欲しかったので購入。
指向性ということですが、周りの音もそれなりに拾ってくれます。
なので、キーボードのタイプ音も少し拾ってるかな~程度



マウス
握った感じZowieのEC1EC2が比較的MicrosoftのIE3.0に似てて
個人的には好感触です。
(商品の詳細にもありますが、EC1のほうがEC2より大きいです)
IE3.0に長さが近いのは、EC1。
     幅が近いものは、EC2って感じです。

他にはダーマポイントのDRTCM37
裏に漢数字「三七」と書いてあるのが印象的なマウスです。
これもIE3.0似。ダーマポイント製品にしては右上角が気にならないマウスです。

マウスパッド
マウスパッドはStealSeriesのQck miniを使ってます。
一番上の布がめくれて劣化が目立つので近いうちに買い替えを考え中...
今回は店舗の取り扱いがなかったんですが、Artisanが気になってます。
とはいっても、StealSeriesのものが無難。

材質的にはIcematのようなガラス製のものは知ってましたが、
アルミニウム製のもありました。冷たいだろ…と
(メーカーは忘れましたが、Razerあたりだったかと)

キーボード
あまり深く突っ込んではいけないのに触ってしまったREALFORCE!!
もはや何も言うまい…


デバイス触る回でした~。PCの構成変更するときに
デバイスも一新しようかと思ってます。
今日はこの辺で~
  1. 2013/01/19(土) 22:18:08|
  2. デバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。